HOME > 紙パルプ技術協会のご案内 > 紙パルプ技術協会方針
 
 
 
 
 
 
 
 

1. 年次大会、各種講演会・研修会等を活発に開催し、会員相互の交流を推進します。

2. 各種の出版物により、積極的に多様な技術情報を提供し、産業遺産を継承保存して技術の体系化をはかります。

3. 産・官・学の交流を推進し、新技術の開発を支援します。

4. 国際交流を推進し、世界の技術の進歩に寄与します。

5. 若い世代の技術者、学生、および関連産業からの参加を呼びかけ、協会の拡大に務めます。

6. 種々の協会活動を通じ、社会の発展に寄与します。



会員の方は多くの有益なサービスを受けることができます。
>>入会お申し込みページへ

山崎和文 紙パルプ技術協会理事長 (日本製紙株式会社 代表取締役副社長) からのメッセージ


紙パルプ産業を取り巻く環境の変化に対応します。

紙パルプ技術協会は「紙パルプ産業とその関連産業に関する技術とその基礎となる学問の交流を促進することにより、会員相互の知識を啓発し能力を向上し、併せてこれらの産業の発展を図る」ことを目的として活動しています。

紙パルプ産業を取り巻く環境は大きく変化しています。業界では洋紙事業の競争力強化と成長分野への生産シフトを進めており、これと並行してバイオマスベースの新素材であるCNFの開発やIoT・AIを使用した生産・物流システムの革新が進められています。
こうした状況を踏まえ、紙パルプ技術協会は次の3点に一層注力して参ります。

  • 紙パルプ産業が持続可能なバイオマス産業であることの価値を積極的にアピールします
  • 紙パルプ業界の事業構造転換に必要な人材確保につながる情報発信を行います
  • 多くのサプライヤーや代理店に支えられている紙パルプ業界において、業界の継続的な発展につながる情報を発信し、意見交換できる場を提供します
 
紙パルプ技術協会 お問い合わせ先   03-3248-4841   03-3248-4843       https://www.japantappi.org
PDFファイルの閲覧にはAcrobat Reader DCが必要となります。
アドビシステムズ株式会社のサイトにおいて無償で提供されています。
Copyright (C) 2004 Japan Tappi. All Rights Reserved.